今日はこれでキマリ!のGTハーブ・アロマリキッド

当サイトはGTハーブ・GTアロマリキッドの情報サイトになります。

rainbow

ハーブの歴史

マジックマッシュルームや幻覚キノコといったものの事件は、十年前に多発することで、その存在が広まることになりました。そして、有名になったマジックマッシュルームは、麻薬原料植物としての規制を受けることになったのです。ハーブなどについても、合法という言葉がついているものについている物も、危険であるという印象があるというのはどういったものなのでしょうか。
Read the rest of this entry »

ニトライト系・亜硝酸エステル類

ニトライト系、もしくは亜硝酸エステル類と呼ばれる脱法ドラッグは、亜硝酸エステルを主な成分としているものです。
摂取は、気化させたドラッグを鼻を経由することで摂取します。
Read the rest of this entry »

トリプタミン系

幻覚剤としてレクリエーションに用いられる脱法ドラッグで、トリプタミン骨格を持っているものは、トリプタミン系と呼ばれるものです。幻覚作用のある多くの脱法ドラッグが、このトリプタミン系に分類されることになります。
Read the rest of this entry »

ハーブ保存方法

常温保存で未開封のハーブを保存するのであれば、その消費期限は約三年間であるといわれています。これが開封済みのものになった場合には、常温保存で約一年間が期限になります。
Read the rest of this entry »

日本においてのドラッグ

厚生労働省によって主に取締りが行われることになります。地方自治体でも条例によってドラッグを取り締まることが可能であり、代表的なものとしては東京都の取り組みがあります。
Read the rest of this entry »

第五世代

ハーブに関しては、規制によって所持をすることも譲渡をすることも非合法になる場合もあります。
のときに入手をしたものでも、非合法になってから使用をしたりすると、それが違法になり摘発されてしまうこともあります。ですので、使用をするのであれば規制に関しての情報は常に得ておく必要がありますね。
ハーブは、規制がされるたびに世代が変わることになり、それまでの商品とは違うものが販売されるようになります。
現在は規制が四回入ったあとになりますので、第五世代の商品ということになります。
Read the rest of this entry »

ハーブ購入方法(海外業者)

インターネットも普及している今日、海外業者からハーブを買うことも可能ですが、その国々で規制成分異なるという理由から、国内で所持した場合に違法になるものもあります。結論を言うと、国内外の事情に詳しくない人が手を出すのは推奨できるものではありません。特に2009年以降は規制対象となったハーブも多いので、やはり個人輸入はおすすめできません。

ハーブとは…

合法ハーブとも言われているように、事実上、法規制が追いつかないハーブのことを指します。これまで4度にわたり規制が入りました。故に合法ハーブの中身自体も当初のものと変わってきています。
Read the rest of this entry »

ようこそ当サイトへ!

今話題の”GTハーブ”,”GTアロマリキッド”についての情報サイトです。
まだまだ情報が少ないGTハーブ・アロマですので、このサイトで正しい知識を得ていただき、GTハーブ・GTアロマを楽しんでいただくことができたら幸いです。
当然ですが、当サイトはGTハーブ、GTアロマリキッドの非推奨とされている使用方法についてはオススメ致しておりません。

LINK
熊本で風俗のアルバイトをしませんか。働きやすくて楽しい!